ご案内「暮らしの相談について」

子供の質問にどう答える:離婚問題解決法

子どもの質問に答えるまえに、子どもの気持ちの整理をさせる事が必要です。

・子どもとの時間を多く取り、子どもが話しやすい雰囲気を作る

・子どもの気持ちを受け止め共感する

・子どもの前で相手の批判をしない

・夫婦ゲンカは最小限にとどめる

・子どもがさみしさを処理できるよう手助けする

・子どもの退行現象を罰しない

・テレビやDVDに子どもの子守役をさせない

・忙しくても子どもから目をはなさない

前頁でもお伝えしましたが、質問については素直・正直に回答します。もちろん性の問題などは伏せておいて構いません。

回答に困るときは、「どうしてだと思う?」と逆に子どもに聞いてみる。
その言葉を聞いた時、子どもが相手を憎まないだろうか・・と常に考えながら回答します。

相手を責めず、子どもを傷つけないように回答することは、とても難しい事です。
しかしその瞬間瞬間の積み重ねを、子ども達は大きくなった時に必ずわかってくれます。

子どもを巻き込んで相手を攻撃しない。これが大切な事と思います。